きっかけは、長年竹福ハンバーグのファンでいらっしゃるお客様のお声でした。
“あのハンバーグをミンチカツにして食べたら美味しそう”
いただいたたくさんのお声を実現すべく、竹福は数年商品開発を進めてきました。
そして今年、試作品を店頭にて展開したところ「おいしい」「もう一度食べたい」など
更なる大きな反響をいただき、今回正式に「吟選和牛ミンチカツ」の販売に至りました。

ミンチ肉は、通常安価な部位やお肉の切れ端、余った部分を集めたものを使って作ります。 しかし、竹福では一頭買いの枝肉からミンチに適した部位を名前の通り「吟選」し、ハンバーグやミンチカツに使用しています。

ミンチ肉にするにはもったいないほどの良い牛肉を使用し、さらに二度挽きすることで、従来お肉では味わえない絹のような新食感を生み出した竹福。 そのおいしさの秘訣は厳選した素材、日々重ねた研究、そしてシェフの愛情です。